Skip to content


【要介護認定の申請急増】定員超過で職員悲鳴 疲労の度合濃く via 福島民報

東京電力福島第一原発事故に伴い要介護者となる避難者が急増している中、定員を超えて受け入れている施設では、入所者の生活環境が悪化することへの懸念 も広がり、職員は疲労の度を深める。施設の新設をしようとしても県は慎重姿勢を崩さず、関係者からは出口の見えない現状にいら立ちの声も上がる。

■野戦病院

平田村のひらたリハビリテーション・ケアセンターには、4人用の病室に6人分のベッドが並ぶ。看護師らが手狭な病室を忙しそうに回り、高齢者の介護に当たっている。

震災直後から浜通りの医療機関や介護施設から避難した高齢者を積極的に受け入れてきた。「入所を希望するお年寄りはできる限り来てもらえるよう努めている」と、施設を運営する医療法人誠励会の佐川文彦理事長(52)は話す。

続きは【要介護認定の申請急増】定員超過で職員悲鳴 疲労の度合濃く

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.