放射能、海への汚染拡散報告 京で学会 via 京都新聞

海洋理工学会秋季大会のシンポジウム「福島第1原子力発電所事故による海域への放射能拡散」が17日、京都市左京区の京都大時計台記念館で開かれた。汚染水が海洋に広がり、沖合でも4月中旬に排水基準の2倍となったことが報告され、生物への移行や海底への堆積など、さらなる調査の必要性が指摘された。

続きは 放射能、海への汚染拡散報告 京で学会

This entry was posted in *日本語 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.