Skip to content


原発新増設の中止・凍結要望案 県議会議長会が否決 via 山口新聞

2011年10月15日(土)掲載 山口県市議会議長会(会長・中谷司朗下松市議会議長)の臨時総会が14日、同市笠戸島の国民宿舎大城で開かれ、国に原発の新設と増設計画の中止・凍結を要望する議案を賛成少数で否決した。事務局によると、同議長会での議案否決は、少なくとも1986年以降はないという。

中止・凍結要望案は周南市議会が提出。同市議会は5月、原発の新設などの中止を求める意見書案を全会一致で可決。議長会に凍結の文言を付け加えて提案した。

意見書をめぐっては、同市議会を皮切りに、県東部を中心としたほとんどの議会が原発の「凍結」などを求める意見書案を可決したが、「中止」と明記したのは同市議会だけだった。

続きは原発新増設の中止・凍結要望案 県議会議長会が否決

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.