文科省副読本 原発記述ほぼ一掃 via 東京新聞

文部科学省は十四日、放射線の性質などについて学校で学ぶための副読本を初めて作製した、と発表した。同省などはこれまで、原子力発電に関する副読本を発行していたが、「大きな津波にも耐えられる」などと安全性を強調する記述が、東京電力福島第一原発事故後に批判を浴びた。今回は原発の記述がほぼ一掃されて放射線教育に特化したが、原発事故に関する言及もほとんどなく、教育現場から「福島で使えるのか」と批判も出ている。

小学校向けでは、放射線が「細菌退治」など幅広い分野で活用されていることを紹介。人体の影響については「一度に百ミリシーベルト以下の放射線を受けた場合、がんなどになった明確な証拠はない」としつつ、「受ける量はできるだけ少なく」と注意を促した。

続きは文科省副読本 原発記述ほぼ一掃

関連記事
原発事故の記述ごくわずか 文科省の放射線副読本
文科省、「放射線」副読本を配布へ
放射線等に関する副読本の作成について

This entry was posted in *日本語 and tagged , , . Bookmark the permalink.

3 Responses to 文科省副読本 原発記述ほぼ一掃 via 東京新聞

  1. yukimiyamotodepaul says:

    とても大切な記事。関連記事が多くあるのも助かります。

Leave a Reply

Your email address will not be published.