福島第1汚染水一時漏えいの恐れ 地下水位が低下 via 山陰中央新報

東京電力福島第1原発4号機近くで地下水位が一時低下し、原子炉建屋地下にたまっている汚染水が外部に漏えいする可能性があったことが3日分かった。東電は当初、水位計の故障と誤認していた。汚染水漏れはないとしている。

建屋地下の汚染水漏えいにつながる地下水位の低下が確認されたのは初めて。

4号機の原子炉建屋地下には放射性物質を高濃度に含む汚染水がたまっているが、建屋地下から漏れ出すのを防ぐため、周辺の井戸を使って地下水位を汚染水より1m程度高くなるよう調節している。

続きは福島第1汚染水一時漏えいの恐れ 地下水位が低下

This entry was posted in *日本語 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.