Skip to content


避難指示解除、2022年春目標 福島・双葉が計画示す via 朝日新聞

東京電力福島第一原発事故で全町民が避難している福島県双葉町は2日、町内に人が住める区域(特定復興拠点)を整備し、2022年春ごろまでに避難指示の解除を目指すと発表した。放射線量が高く、立ち入りが制限されている帰還困難区域は県内に7市町村あるが、帰還に向けて具体的な計画を示したのは双葉町が初めて。

(略)

計画によると、特定復興拠点とするのは、町の96%を占める帰還困難区域内でも比較的放射線量が低いJR双葉駅を中心とした区域。町の1割に当たる555ヘクタールで、新しい住宅地などを整備する。22年春ごろまでに避難指示を解除して住民の帰還を進め、解除から5年後の目標人口を2千人と設定した。

ログイン前の続き町はさらに町北東部の避難指示解除準備区域で「産業拠点」の整備を目指す。JR常磐線の全線開通が見込まれる20年3月末までに同区域などの解除を目指す考えも示した。

帰還困難区域に設けられる特定復興拠点は、5月に成立した改正福島復興再生特措法で、国が除染やインフラ整備を行うと定められた。市町村が県と協議して帰還に向けた計画を策定することになっている

全文は避難指示解除、2022年春目標 福島・双葉が計画示す

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.