Skip to content


2079年に原発ゼロ 寿命延長しない=韓国産業相 via 朝鮮日報

世宗聯合ニュース】韓国の白雲揆(ペク・ウンギュ)産業通商資源部長官は24日、文在寅(ムン・ジェイン)政権の脱原発政策に「性急だ」との指摘が出ていることについて、「脱石炭・脱原発政策と関連し、60年以上のロードマップを持って準備している」と明らかにした。

この日、就任式を行った白氏は、建設工事を中断している新古里原発5・6号機について「国民的議論を経るが、基本的には新しい原発を建設せず、設計寿命が尽きた原発(の寿命)を延長しない」と説明。「原発の設計寿命が60年ということを考慮すると、2019年に最後に商業運転を始める新ハンウル2号機の寿命は79年までで、『原発ゼロ』までは62年残っている」と述べた。

その上で、「レボリューション(革命)ではなく、エボリューション(進化)するロードマップを持っている」として、「漸進的な脱核(原発)政策を展開していき、原発などを急に閉鎖したりはしない」との方針を示した。

[…]

 

全文

Posted in *日本語.

Tagged with , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. final ank says

    awsome man



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.