Skip to content


2017/07/15 脱原発をめざす首長会議・原子力市民委員会 共催シンポジウム『原発に依存しない地域社会のために』(新潟市)via レーバーネット

全国16ヶ所の原発立地地域が何故、原子力発電所の立地を推進し、東京電力福島第一原発事故後も原子力発電所への依存を続けるのか。
原発依存の実態とはいかなるものか。
原発立地地域は、本当に原発がなければ地域が成り立たないのか。

本シンポジウムでは、これまでの原発立地地域の経済や財政、住民意識などに関する研究成果を共有するとともに、原発に依存しない地域社会に向けて、基本的な考え方や必要な方策を探りたいと思います。

脱原発をめざす首長会議・原子力市民委員会 共催シンポジウム『原発に依存しない地域社会のために』
日 時:2017年7月15日(土)13:30~16:00(13:00開場)
場 所:新潟ユニゾンプラザ 4階 大研修室
(新潟市中央区上所2丁目2番2号)
地図→http://www.unisonplaza.jp/access/
参加費:500円
プログラム:
第一部:報告・・・・・・・・・・・13:30~14:45
吉岡 斉(九州大学大学院比較社会文化研究院教授、原子力市民委員会座長)
渡邉 登(新潟大学人文社会教育科学系教授)
藤原 遥(一橋大学大学院経済学研究科後期博士課程、原子力市民委員会メンバー)
第二部:パネルディスカッション・・14:55~16:00
【パネリスト】
第1部報告者に加え
村上達也(元・茨城県東海村村長、脱原発をめざす首長会議世話人)
笹口孝明(元・新潟県巻町町長、脱原発をめざす首長会議会員)
【司会】
上原公子(元・東京都国立市市長、脱原発をめざす首長会議事務局長)
共 催:脱原発をめざす首長会議
原子力市民委員会 http://www.ccnejapan.com/?p=7724
問い合わせ
原子力市民委員会事務局
〒160-0003 東京都新宿区本塩町7-7 新井ビル3F
E-mail:email◎ccnejapan.com TEL/FAX:03-3358-7064
脱原発をめざす首長会議事務局
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場 3-13-1-2F ノークビル
E-mail:mayors◎npfree.jp TEL:03-6851-9791 FAX:03-3363-7562
(メールアドレスの◎は@に変更してください。)

 

原文

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.