Skip to content


保安院元幹部ら4人を追加告訴 福島原発告訴団 via 朝日新聞

東京電力福島第一原発の事故をめぐり、被災者らでつくる福島原発告訴団が13日、新たに原子力安全・保安院元幹部らについて、業務上過失致死傷の疑いで東京地検に、追加で告訴・告発した。政府事故調査・検証委員会の調書が昨年公開されたことなどを受け、「東電だけでなく、規制する公務員側の責任も追及できる証拠が出てきた」としている。

告訴・告発の対象とされたのは、保安院の森山善範・元審議官ら、2009年ごろに原発の安全審査の職務に当たっていた幹部職員4人。告訴・告発状によると、09年ごろには、869年の貞観津波と同規模の津波対策の必要性が検討されていたのに、森山元審議官らが対策を怠ったとしている。また、東電で津波対策の担当者だった社員3人も追加で告訴・告発した。

続きは保安院元幹部ら4人を追加告訴 福島原発告訴団

Posted in *English.

Tagged with , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.