大気と放射性物質の関係に理解 福島で「気象講演会」via 福島民友

(抜粋)

渡辺明福島大特任教授と小畑英樹福島地方気象台観測予報管理官が講演。渡辺教授は放射性セシウムの降下量について、事故直後に100万倍まで増加したが、 現在は1000倍までに低下したと解説。チェルノブイリ原発事故や中国の核実験で日本でも降下量が急増した例を挙げ「(福島の原発事故の関係で)健康被害 はないと考えられる」と語った。

全文は大気と放射性物質の関係に理解 福島で「気象講演会」

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.