第一原発地下トンネル 止水工事は失敗か (福島県)via 日テレ

第一原発の海側の地下トンネルに流れ込む汚染水をせき止める工事について、東京電力は、工事に失敗した可能性があることを明らかにした。

第一原発2号機の海側にあるトレンチと呼ばれる地下トンネルには、建屋から高濃度の汚染水が流れ込み、5,000トンほどがトレンチ内に溜まっていて、周辺の地下水を汚染し、一部は海へ流出しているとみられている。

東京電力はこの汚染水を抜き取るため、建屋から流れ込んでいる部分にセメントの注入するなどして、汚染水をせき止める工事を行った。
その効果を確かめるため、きのう、トレンチ内の汚染水200トンを抜き取り水位の変化を確認したところ、本来80センチ下がるはずの水位が20センチほどしか下がっていなかったという。

続きは第一原発地下トンネル 止水工事は失敗か (福島県)

This entry was posted in *日本語 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.