小泉・細川元首相、大分の地熱発電所視察 脱原発訴え via 朝日新聞

脱原発」を唱える小泉純一郎氏と細川護熙氏の元首相2人が12日、国内最大の地熱発電所である九州電力八丁原発電所(大分県九重町)を視察した。

細川氏が代表理事、小泉氏が発起人代表を務める一般社団法人「自然エネルギー推進会議」(東京)の活動の一環。地下から蒸気を取り出す設備などを、九電の説明を受けながら約1時間かけて見て回った。細川氏は視察後、記者団に対し、「原発に頼らず、地熱など自然エネルギーの普及に国がもっと積極的に取り組めば、いい方向に進んでいく」と感想を述べた。

一方、地元同意の手続きが終わり、九電川内原発鹿児島県薩摩川内市)の再稼働が近づいていることについて、小泉氏は「原発が止まっていても、生活は成り立っている。再稼働をすれば核のごみが増える」と批判した。

続きは小泉・細川元首相、大分の地熱発電所視察 脱原発訴え

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.