Skip to content


(@リトアニア)「脱ロ入欧」と「脱原発」via 朝日新聞

 エネルギーが世界を動かしている。そういっても過言ではないだろう。日々の暮らしに必要な電気や自動車のガソリンとして、価格が刻一刻変化する金融商品として、あるいは国同士の覇権争いの「武器」として。

 そんなエネルギーをめぐる問題に悩まされているのは、日本だけではない。

 ウクライナ情勢の緊迫化を受け、旧ソ連のバルト3国が「脱ロ入欧」を加速させている。共通通貨ユーロの導入(エストニア2011年、ラトビア14年、リトアニア15年)、バルト3国を南北に貫く欧州規格の高速鉄道計画とともに、その大きな柱の一つが、エネルギーのロシア依存からの脱却だ。
[…]
 そのリトアニアで、心にひっかかっている会話がある。クライペダのLNGターミナルを案内してくれていたマスリスCEOが突然こんな質問をしてきた。

 「日本はいつ原発を再稼働するの?」

 原子力規制委員会が九州電力の川内原発について規制基準を満たすと認めたから、いずれ再稼働になるだろう。でもどうして?

 「日本は東日本大震災の後、原発が止まって、火力発電のために大量のLNGを輸入しているだろう。そのせいでLNG価格が高くなっている。日本で意見が分かれている問題なのは分かっているけど、これからLNGを買おうとしている我々としては、なるべく早く再稼働してほしいんだよね」

 欧州の端っこで、日本のエネルギー政策がそういう形で話題になっているとは……。

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.