Skip to content


山本太郎氏、天皇陛下に直訴 園遊会で手紙を手渡し via The Huffington Post

秋の園遊会に出席した参院議員の山本太郎氏が10月31日、天皇陛下に直接、手紙を手渡した。国会議員が自ら天皇陛下に手紙を渡すのは極めて異例で議論を呼びそうだ。朝日新聞デジタルによると「原発事故の現状を訴えたかった」と山本議員は話しているという。

山本太郎参院議員(無所属)は31日、東京の赤坂御苑で同日に開かれた秋の園遊会で、天皇陛下に手紙を手渡したことを明らかにした。「原発事故での子どもたちの被曝(ひばく)や事故収束作業員の劣悪な労働環境の現状を知ってほしかった」と記者団に説明した。

(朝日新聞デジタル「山本太郎参院議員、天皇陛下に文書手渡す 秋の園遊会で」(2013/10/31 17:59)

(略)

「文書はそばにいた侍従長が預かった。内容は聞いていない」と説明した。

(MSN産経ニュース「山本太郎参院議員の手紙は侍従長が預かった、と官房長官」より 2013/10/31 16:50)

田中龍作ジャーナルでは手紙の内容を以下のように伝えている。

山本太郎事務所によると山本議員が天皇陛下に手渡した手紙の内容は「子供と労働者を被ばくから救って下さるよう、お手をお貸し下さい」。

全文は山本太郎氏、天皇陛下に直訴 園遊会で手紙を手渡し

関連記事:山本太郎議員、天皇陛下に「子供と労働者を被ばくからお守りください」via Blogos

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.