Skip to content


福島米の安全性のアピールに貢献するのは国体選手と障害者、そして地元の学童たち。via みんな楽しくHappyがいい

今朝、私はこのニュースを見てビックリしました。

国体などで福島県産米使い支援
NHK 10月03日 07時03分

原発事故による風評被害にあっている福島県の農業を支援しようと、
東京都は国民体育大会とそれに続く全国障害者スポーツ大会に参加する選手団やスタッフに配る弁当
福島産の米を使う取り組みを始めています。

東京で先月28日に開幕した国体と今月12日に開幕する全国障害者スポーツ大会には、
あわせて2万8000人の選手や役員が参加します。

これらの大会にあわせて東京都は原発事故による風評被害にあっている福島県の農業を支援しようと、
開会式の会場や競技会場で選手団やスタッフに配る弁当に福島産の米を使う取り組みを始めています。
また国体の競技会場がある25の市区町村
都の要請を受けて選手団などに配る弁当に福島産の米を使っています。
これらのコメは、すべて放射性物質を調べる検査によって安全性が確認されているということです。

東京都スポーツ振興局の神田明課長補佐は
「東北の被災地ではまだ風評被害が続いていると聞いているので、
東京都としてさまざまな形で支援していきたい」と話しています。

ーーー

そして、吉野家が福島で食材を生産するというニュース。
昨日も静岡のキノコについてブログに書きましたが、
※100ベクレル超えキノコ~静岡県富士市、富士宮市、御殿場市、小山町
2年や3年経ったからって、汚れた大地が綺麗になっているわけがないのです。
殆ど変わっていません。セシウム134が半分になった位。
福島の耕作放棄地まで使用するというのもこれまたオドロキです。
耕作放棄地だったら、日本の西の地域に沢山あると思うのですが、
わざわざ汚染された地域で被ばくしながら農作業をさせ、その食材を客に食べさせる。

放射能が目に見えると思って想像するととても恐ろしいです。

続きは 福島米の安全性のアピールに貢献するのは国体選手と障害者、そして地元の学童たち

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.