Skip to content


被ばく医療 福島県立医大・山下副学長が長崎大復職へ via 河北新報

被ばく医療の専門家として、福島第1原発事故直後から福島県に滞在して医療支援に当たった福島県立医大副学長の山下俊一氏(60)=長崎大を休職中=が 4月1日付で、長崎大大学院教授として復帰する。休職期間は3月末までで長崎大が復職を求めていた。福島県立医大副学長は同日付で非常勤となる。任期は1 年で延長も可能。

山下氏は長崎大大学院医歯薬学総合研究科長を務め、2011年3月18日、原発事故後の被ばく医療支援を求める福島県立医大の要請を受け、福島県に入った。
佐藤雄平福島県知事から県放射線健康リスク管理アドバイザーに任命され、県民に放射線と健康被害の関係を説明した。

続きは被ばく医療 福島県立医大・山下副学長が長崎大復職へ

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.