Skip to content


東電:「原発事故、対処できた」 備えの甘さ認める via 毎日新聞

東京電力は12日、福島第1原発事故について「事前の津波評価に基づく対策や、過酷事故対策を十分に取っていれば対処できた」とする見解を示した。 今年6月にまとめた社内事故調査委員会の報告書では「想定外の津波が原因」などとし、自己弁護とも取れる姿勢に批判が集中した。今回は従来の見解を覆し、 事前対策の不備を初めて認めた形だ。

東電は同日、有識者で作る取締役会の諮問機関「原子力改革監視委員会」の初会合を開催。監視委の監督下で原子力部門の改革の具体案を練る社内の「原子力改革特別タスクフォース(TF)」が示したたたき台に、新たな見解を盛り込んだ。

続きは 東電:「原発事故、対処できた」 備えの甘さ認める

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. kojimaaiko says

    当然のことではありますが、ここに来ての見解転換には何か理由があるのではと考えたくなってしまいます。再稼働、原発新増設をにらんで、対策さえすれば事故は防げる、つまりあのような事故はもう起こらない、と言いたいのでしょうか。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.