被ばくデータ問題で調査委初会合 福島県伊達市 via 沖縄タイムス

東京電力福島第1原発事故後、福島県伊達市の住民の個人被ばく線量を分析した論文に本人の同意がないデータが使われた問題で、市は4日、論文の著者側にデータを提供した経緯を検証する調査委員会の初会合を開いた。冒頭を除き非公開

(略)

また、著者の1人が名誉教授を務める東京大に論文不正がないか調査を申し立てていた市民の代理人は同日、東大から本格調査に入ると通知があったと明らかにした。(共同通信)

全文は被ばくデータ問題で調査委初会合 福島県伊達市

This entry was posted in *日本語 and tagged , , . Bookmark the permalink.

3 Responses to 被ばくデータ問題で調査委初会合 福島県伊達市 via 沖縄タイムス

  1. yukimiyamotodepaul says:

    なぜ、早野龍五の名前を出さないのか疑問です。

Leave a Reply

Your email address will not be published.