Skip to content


南相馬市立総合病院の患者統計(1)via 渡辺悦司

南相馬市議の大山弘一さんが、南相馬市立病院の患者統計を
何とか公表させることができたそうです。

添付はその第1部です[下記貼り付け]。

事故前の2010年度から2017年度の間に、患者数は、
肥満: 28倍
高血圧: 1.86倍
糖尿病: 1.83倍
脂質異常(低HDLコレステロール): 2.08倍
慢性腎臓疾患: 3.65倍
肝機能障害: 3.88倍
多血症: 4.5倍
心房細動: 3.79倍
脳卒中: 3.52倍
に急増しています(わずか7年間です)。

もちろん、これは、一病院のデータにとどまりますが、あまりにも
衝撃的な事実です。

なお、福島県県民健康調査は、これら疾患の増加を「避難生活」
によるものと断定して、(もしそうだと仮定しても十分考えられる)
被曝影響を全く認めていません。

その報告書は、以下で見ることができます。

https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/255421.pdf

大山さんの市議会での追及の様子は、以下の動画で見ることが
できます。

http://smart.discussvision.net/smart/tenant/minamisoma/WebView/councilorsearchresult.html?speaker_id=4&search_index=99

地方議員の皆さま、地方議員がお知り合いにおられる皆さま、ぜ
ひ市立病院、県立病院など公立病院の患者統計を公表させるよう
活動してくださるようお願いいたします。

このような傾向は、福島県の他の地域においても、さらには関東・東
北の広範な市町村においても、出ているものと思われます。

◇ 英文はこちら

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.