Skip to content


福島県外の放射能汚染に関する意見交換 via レイバーネット

2018/08/30 申込み 【8/30(木)】福島県外の放射能汚染に関する意見交換──茨城県と栃木県での市民活動の経験から(茨城大学)

【8/30(木)】「福島県外の放射能汚染に関する意見交換──茨城県と栃木県での市民活動の経験から」開催のお知らせ

茨城県や栃木県で放射能汚染に取組む、市民グループの意見交換会です。
関心をお持ちの方は、どなたでも参加できますが、席数に限りがありますので、下記のリンクからお申し込み下さい。

福島県外の放射能汚染に関する意見交換──茨城県と栃木県での市民活動の経験から」
日 時:2018年8月30日(木)14:00~17:00(開場13:30~)
場 所:茨城大学(水戸キャンパス)図書館3階 セミナールーム
茨城県水戸市文京2-1-1
図書館は、正門から見て正面の建物です。
アクセス→http://www.ibaraki.ac.jp/generalinfo/campus/mito/index.html
内 容:
(1)茨城の市民グループの活動紹介
・自主測定する茨城農民の会(石岡市の有機農業者グループ)
・こつこつ測り隊(ひたちなか市で放射線測定活動を続けるグループ)
・阿部功志さん(東海村議会議員)
・大石光伸さん(常総生協・副理事長、「関東子ども健康調査支援基金」の共同代表)
コメント:原口弥生(茨城大学人文学部、ふうあいねっと代表、
原子力市民委員会アドバイザー)
(2)栃木の市民グループの活動紹介
・矢板市の井田紫衣さん(甲状腺検査矢板実行委員会、
子供の未来を考えるハチドリの会)
・那須塩原市の手塚真子さん(那須塩原放射能から子どもを守る会)
コメント:清水奈名子(宇都宮大学国際学部、
原子力市民委員会福島原発事故部会)
(3)原子力市民委員会からは、福島県以外の地域における東電福島事故の被害や影響
についての認識およびこれまでの調査結果を紹介し、今後の課題や市民どうしの
連携について議論したいと思います。
原子力市民委員会(福島原発事故部会)からの参加者:
島薗進、満田夏花、細川弘明ほか
参加申込み(下記リンク内の申込みフォームにご入力下さい):
https://kokucheese.com/event/index/532710/
主 催:原子力市民委員会
http://www.ccnejapan.com/?p=9222
共 催:茨城大学 人文社会科学部 市民共創教育研究センター
宇都宮大学 国際学部附属多文化公共圏センター
・福島原発震災に関する研究フォーラム
協 力:茨城県内への避難者・支援者ネットワーク ふうあいねっと
当日の問合せ・連絡先:茨城大学人文社会科学部 原口研究室
Email yayoi.haraguchi.yh◎vc.ibaraki.ac.jp(◎を@に変えてください。)
TEL 029-228-8427

 

原文

 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.