Skip to content


ミクロな視点で復興に貢献 – 福島原発由来のウラン酸化物を解析 via マイナビニュース

九州大学(九大)は、福島県の土壌から福島第一原発のメルトダウン時に形成された核燃料成分であるウラン(U)酸化物を含む粒子を発見し、超高分解能電子顕微鏡を駆使した原子レベルでの解析に成功したと発表した。

同成果は筑波大学、東京工業大学、Manchester大学、Nantes大学、Stanford大学とともに原子力災害からの復興に貢献することを目指して行われた共同研究の成果であり、九州大学大学院 理学研究院 宇都宮聡 准教授、理学府修士の落合朝須美氏らの研究グループによるもの。詳細は、アメリカ化学会誌「Environmental Science & Technology」に掲載された

2011年の福島原子力災害により放出された放射性セシウムの一部は水に溶けにくい高濃度放射性セシウム含有微粒子(CsMP)として環境中に放出された。現在も残るCsMP自体がメルトダウン時の炉内の情報をそのまま記録している媒体となる。

続きはミクロな視点で復興に貢献 – 福島原発由来のウラン酸化物を解析 

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.