Skip to content


規制委委員長 福島県内の空間放射線量基準 議論すべき via NHK News Web

原子力規制委員会の更田委員長は、福島県内で行われている除染の基準となっている1時間当たりの空間の放射線量が実態に即さない厳しい数値ではないかとの認識を示し、関係省庁などが連携して議論すべきとの考えを示しました。

福島県内で行われている除染では、住民の被ばく線量にして、年間1ミリシーベルト以下を目標とし、これを計算式に当てはめ、1時間当たりの空間の放射線量は0.23マイクロシーベルト以下を基準としています。

17日の原子力規制委員会で、更田豊志委員長は1時間当たり0.23マイクロシーベルトという値について、原発事故のあと、福島の住民が身につけている線量計の実測値に基づくと実際には「4倍程度、保守的」、つまり、実態に即さない厳しい数値ではないかとの認識を示し、「改めないと帰還や復興を阻害すると思う」と述べ、関係省庁などが連携して、数値を改めるかどうか議論すべきとの考えを示しました。

[…]

 

全文

Posted in *English.

Tagged with , , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. nfield says

    「実態に即さない厳しい数値」とおっしゃるが、本末転倒ではないだろうか。実態に問題があることを無視し、数値の厳しさに転化している。なんとお粗末な、おぞましい発想だろう。帰還、復興先にありきで、住民の健康はそれに犠牲されるものと捉えている——としか「考えにくい」。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.