Skip to content


成人の日に考える 伝えたいものがある via 東京新聞

[…]

ビデオのテーマは、福島の原発事故。「故郷をもとめて~原発事故から7年、女子大生が視(み)た福島」というタイトルです。「故郷」は「いばしょ」と読ませます。

 「フクシマがテレビのニュースから消えていく。何も終わっていないのに。なぜだろう」

 制作は素朴な「なぜ」から始まりました。

 「ならば、自分たちの目と耳で確かめよう」と。

[…]

映像は語ります。

 <原子力発電、賛成か、反対か。有益か、有害か。あってはならないのか、なくてはならないのか。その答えを一つ出すことは、さまざまな立場と肩書、そしてその土地への思いが複雑に交差している今、まだまだ時間のかかることである->

 結論は、見る側に委ねます。

 <さまざまな場所でさまざまな人が今も戦っていることを、私たちは忘れてはならない。そして私たちはこの番組をつくり、風化させないことで戦う人でありたい>

 こんな結びのナレーションが、強く印象に残る作品でした。

[…]

 受講した後輩からは、こんな感想が寄せられました。

 「まずは原発のリスクや知識を人ごととは思わずたくわえて、被害に遭ったらどうなるのだろうと、当事者の気持ちになって考えてみようと思います」

[…]

 

全文

Posted in *English.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.