「原発ゼロでも経済発展」 県立大式典で小泉元首相スピーチ via 熊本日日新聞

小泉純一郎元首相が7日、熊本市で開かれた県立大の創立70周年記念式典でスピーチし、日本の原発政策に関し、「日本は変化に強い国だ。原発ゼロでも経済発展できる」と持論を展開した。

小泉氏は、原発推進の立場だった首相時代を振り返り、(略)「勉強が足りなかった。反省している」と述べた。

その上で、2011年の東京電力福島第1原発事故後、原発が稼働停止する中でも「日本の電力は賄えていた」と指摘。「政府が本気で進めれば、10年で原発を自然エネルギーに置き換えることができる」と原発ゼロ社会の実現を訴えた。

全文は「原発ゼロでも経済発展」 県立大式典で小泉元首相スピーチ 

This entry was posted in *日本語 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.