枝野代表、福島で演説希望「真摯に取り組む責任」via 日刊スポーツ

<アベ政治YES?NO? 激戦!!2017秋の陣>

 新党「立憲民主党」を立ち上げた枝野幸男代表(53)は、11年3月11日の東京電力福島第1原発事故後、菅政権の官房長官としてテレビに出続けた。当時の官房副長官が福山哲郎幹事長だ。

東電の事故について、枝野氏は「政治家を続けている限りはこの問題に真摯(しんし)に取り組む責任があると思っている」とした。福島の小選挙区には候補を擁立できていないが「事故について国会で関わったバックボーンを持つ方に比例で出てもらう最後の詰めをしている」

続きは枝野代表、福島で演説希望「真摯に取り組む責任」

This entry was posted in *日本語 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.