Skip to content


「核のごみ」最終処分場 経産相「青森県と福島県には配慮」via NHK News Web

原子力発電所から出る高レベル放射性廃棄物、いわゆる「核のごみ」の最終処分場の選定に向けて調査の対象になりうる地域を示した地図を、政府が28日午後、初めて公表することに関連し、世耕経済産業大臣は閣議のあとの記者会見で、青森県と福島県には配慮したいという認識を示しました。

(略)

そのうえで、世耕大臣は、国が、青森県との間で使用済み核燃料を中間貯蔵する施設があるため、最終処分場はつくらないとする約束を交わしていることを踏まえ、「引き続き順守していきたい」と述べました。

また、世耕大臣は、福島県については「政府として原発事故の収束など復興に全力を挙げており、相応の配慮が必要と考えている。高レベル放射性廃棄物の問題で何か負担をお願いする考えはない」と述べ、青森県と福島県には配慮したいという認識を示しました。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.