Skip to content


3号機、格納容器内の損傷激しく 水中ロボ調査、デブリ確認できず via 東京新聞

 東京電力は19日、福島第1原発3号機の水中ロボット調査に関する記者会見を開き、原子炉格納容器内の撮影に成功し、複数の構造物の損傷や脱落を確認したと明らかにした。3号機格納容器内の具体的な状況が分かるのは初めて。

今回の調査では溶け落ちた核燃料(デブリ)は確認できなかった。東電は原子炉圧力容器直下の状況について、これまでの調査で状況が明らかになっている2号機と比べて「明らかに損傷が激しい」との認識を示した。

続きは3号機、格納容器内の損傷激しく 水中ロボ調査、デブリ確認できず

当サイト既出関連記事:

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.