Skip to content


福島第1原発、遠い廃炉 震災5年も現場に深い爪痕 via 日本経済新聞

 日本経済新聞は9日、東日本大震災に伴う事故から間もなく5年を迎える東京電力福島第1原子力発電所を取材した。敷地内の放射線量は下がり、廃炉作業の環境は改善しているが、津波や水素爆発など惨事の爪痕はいまも残る。今世紀半ばを見込む廃炉の完了に向けた道は険しい。

続きは会員限定サイト福島第1原発、遠い廃炉 震災5年も現場に深い爪痕

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.