Skip to content


浜岡原発タービン撤去へ=廃炉1、2号機、第2段階に via 時事ドットコム

中部電力は3日、2009年に運転を終えた浜岡原発1、2号機(静岡県御前崎市)の廃炉計画について、タービンなど原子炉の周辺設備を撤去する第2段階に入ったと発表した。原子力規制委員会が同日付で認可した。早ければ2週間以内に撤去作業を開始する。

(略)

核燃料の搬出や配管の除染など第1段階が終了したため、中部電は昨年3月、第2段階への移行を規制委に申請していた。22年度までにタービンや復水器、排気筒を解体する。

約4000トンの放射性廃棄物が発生する見込みで、処分方法が決まるまで1、2号機建屋内に保管する。

全文は浜岡原発タービン撤去へ=廃炉1、2号機、第2段階に

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.