Skip to content


福島の子2巡目検査 15人がん via 東京新聞

東京電力福島第一原発事故による健康影響を調べる福島県の「県民健康調査」の検討委員会が三十日、福島市で開かれた。

 県内の全ての子どもが対象の甲状腺検査について、昨年四月からの二巡目の検査でがんと確定した子どもが、今年八月に開かれた前回会議での報告から 九人増え十五人となった。がんの疑いは十九人から二十四人となった。確定と疑いの計三十九人は、事故から三年までの一巡目検査でほとんどが「問題ない」と 判断されていた。

続きは福島の子2巡目検査 15人がん

関連記事:

東日本大震災:福島第1原発事故 福島県、甲状腺がん9人増 2巡目で計15人に 子供ら調査 via 毎日新聞

検討委の星北斗座長は「チェルノブイリの原発事故に比べ被ばく線量が少なく、事故当時5歳以下の発症がないことなどから、これまでと同じく放射線の影響は考えにくい」と評価した。

福島の11人、新たに甲状腺がんと診断 合計115人に via 朝日新聞

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.