2号機上部、全面解体へ=燃料取り出し、放射能放出増-福島第1 via 時事ドットコム

東京電力と経済産業省資源エネルギー庁は26日、福島第1原発の使用済み燃料取り出しに向け、2号機原子炉建屋で貯蔵プールがある5階から上の壁や天井を全て解体すると発表した。

(略)

第1原発1~4号機のうち、2号機原子炉建屋は事故の際に水素爆発が起きず、原形をとどめている。

エネ庁などによると、2号機の使用済み燃料プールには615体の核燃料がある。原子炉建屋上部に取り出し設備を設置する必要があるが、内部は放射線量が高く、解体方法の検討に時間がかかっていた。

東電は壁や天井を部分的に残す一部解体より、全面解体の方が作業時間が短く、作業員の被ばく線量も少なく済むと判断した。一部解体より放射性物質の放出量は多くなるが、目標値の毎時1000万ベクレルを下回ると見込んでいる。

全文は2号機上部、全面解体へ=燃料取り出し、放射能放出増-福島第1

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.