Skip to content


核燃料貯蔵、6000トン増=原発稼働へ30年に-電力業界 via 時事ドットコム

 原発を保有する電力9社と日本原子力発電は20日、原発から出る使用済み核燃料の貯蔵能力を2030年ごろに計6000トン増強する計画を経済産業省に 報告した。貯蔵能力は現在、計2万670トンで、このうち7割は既に埋まり、一部では残りの容量が少なくなっている。貯蔵場所が足りなくなる事態を回避 し、原発再稼働を進めやすい環境を整えるのが狙い。

関西電力は今回の報告で、30年ごろに2000トン規模の貯蔵施設の操業を始める計画を初めて示した。立地選定は現在は白紙の状態。20年ごろに原発がある福井県以外で場所を決める方針だ。

東京電力と日本原電は、青森県むつ市で16年度に3000トンの貯蔵能力を確保する計画を既にまとめている。

続きは核燃料貯蔵、6000トン増=原発稼働へ30年に-電力業界

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.