Skip to content


IAEAが福島沖の魚を初採取へ 原発事故データ、日本の信頼性確かめ via 産経ニュース

 東京電力福島第1原発の汚染水問題で、国際原子力機関(IAEA)は12日、IAEA環境研究所の専門家2人を17~20日に日本に派遣し、福島県沖で取れた魚など海産物のサンプルを採取すると発表した。これまでは海水や海底土が対象で、海産物の採取は初めて。

福島県いわき市小名浜に当日、水揚げされた海産物からサンプルを採取。IAEAや国際的な研究機関で放射性物質の濃度を分析し、日本当局のデータの信頼性を確認する。これまで同様、海水も採取する。

福島の原発事故を受けたIAEAの福島県沖での海洋調査は4回目。

続きはIAEAが福島沖の魚を初採取へ 原発事故データ、日本の信頼性確かめ

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.