Skip to content


原発に頼らない国 via BLOGOS

欧州で原発脱却の国というとドイツやスイス、ベルギーを思い浮かべる方が多いと思いますが、オーストリアもその一つです。

同国では1972年に原子力発電所の建設を始め、7基の原子炉と3300MWの出力を目指していたのですが、できあがった原発ですら稼働させることができませんでした。
それは、国論を二分していた原発の可否を決めるための国民投票を行い、最終処分場も決まらないことを問題視した反対派が勝利を収めたからです。
投票率70%。賛成49.59%・反対50.41%の僅差でした。

その結果、オーストリアは原発に頼らない国へと大きく舵を切り、今となっては総発電量の65%が再生可能エネルギーの国となっています。その多くが水力によるものなので日本とは単純に比べられませんが、風力とバイオマスの伸びも高く、今では10%以上となっています。

その流れを受けて、多くの再生可能エネルギー企業が生まれました。
電力の自由化と競争によって技術力も高まり、多くの企業がいまはリーディングカンパニーとなっています。

(略)

安倍総理の言う「地方創生」を単なるバラマキ(=国の借金増加)で終わらせないためには、日本でも本格的なエネルギー転換を実現しなくてはいけません。

全文は原発に頼らない国

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.