Skip to content


<汚染水問題>東電幹部32人を書類送検 via 河北新報

東京電力福島第1原発事故の汚染水問題で、福島県警は2日、公害犯罪処罰法違反の疑いで、法人としての東電と広瀬直己社長ら現旧役員32人を書類送検した。

送検容疑は、東電は第1原発事故で適切な対応を怠り、2013年7月までに地上タンクから汚染水約300トンを漏えいさせた。経営破綻を恐れ、政府から求 められた遮水壁設置を先送りし、抜本的対策を取らないまま11年6月から約2年間、毎日300~400トンの汚染水を海に流出させた疑い。広瀬社長のほ か、勝俣恒久元会長や清水正孝元社長らが送検された。

原発事故の責任を追及している「福島原発告訴団」のメンバーらが13年9月に告発。県警は受理し、関係者から事情を聴くなどしてきた。

福島県庁で記者会見した告訴団の武藤類子団長(62)は「県警は2年かけて詳細な捜査をしたのだろう。検察はさらなる捜査の上、起訴してほしい」と話した。

続きは<汚染水問題>東電幹部32人を書類送検

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.