Skip to content


被爆者治療セズ:ABCCの暗部/中 ウソだった「救うため」via 毎日新聞

 屈辱的な体験だった。広島で被爆した吉岡幸雄さん(86)=広島市南区=が1950年代、ジープ型の車に乗せられて向かったのは、市街地を見下ろす比治山(ひじやま)。米原爆傷害調査委員会(ABCC、現放射線影響研究所)が拠点を構えていた。日本人の男性スタッフは、サックをつけた指を肛門に突っ込んできた。前立腺の状態を調べる触診だったが、指の動きが不快でたまらなかった。

 吉岡さんは爆心地から約1・7キロで被爆し、背中などに大やけどを負った。ABCCでは唾液の検査もあった。約1カ月後、「肺浸潤」との検査結果が出て広島市内の病院を紹介されたが、吉岡さんは「人権も人格も無視された」と憤る。母が亡くなると献体を求められた。ABCCへの反感と不信から、申し出を断った。

 米国人医師のウィリアム・シャルさん(93)=米テキサス州=はABCCの新生児調査を指揮した。今春、毎日新聞の取材に当時の経験を語り、協力者の母親には高品質せっけんを贈ったことを明かした。「出産費用の一部を負担するなど、できる限りのことはした」とも証言したが、それは協力者確保のためのアメだった。しかし、被爆者や遺族には調査への協力が還元された実感が薄い。長崎で被爆し多重がんで亡くなった父を献体した坂牧幸子さん(71)=三重県四日市市=ら遺族の元に、ABCCの感謝状が残る。「検査結果の概要を主治医に報告した」と記されただけで、その後は何の連絡もない。

 ABCCなどが収集した膨大な資料は米国に持ち帰られ、核戦争の準備に活用された。シャルさんは「ソ連などが情報を得る心配があったので、機密扱いになった」とみる。日本に返還されたのは73年以降。臓器標本やカルテなど約2万5000点以上が広島大と長崎大に移された。

 「ABCCからは『被爆者を救うための献体だ』と説明されたのに、米国の研究材料だったと思うと残念でならない」。坂牧さんの心には、トゲが刺さったままだ。
[…]

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.