Skip to content


原発事故:福島の韓国人女性「風評被害解消プロジェクト」via 毎日新聞

【ソウル米村耕一】日韓国交正常化50周年に合わせ、東京電力福島第1原発事故に伴う韓国での風評被害の解消を狙うプロジェクトが、福島在住の韓国 人女性らによって進められている。韓国から中高大学生ら170人や人気Kポップ歌手を福島に招く予定だ。歌手の「健康被害」を心配する一部ファンの反発な どを乗り越え、今月29日から一連のイベントがスタートする。

プロジェクトは日韓文化交流基金の委託を受けて、福島市在住の鄭玄実(チョン・ヒョンシル)さん(54)が理事長を務める日韓交流NPO「ふくか んねっと」が主催する。東日本大震災以降、韓国からのボランティアと被災者をつなぐ活動を行ってきた鄭さんは、福島の実情についての韓国内の誤解の大きさ を実感してきた。

プロジェクトへの風当たりも強かった。イベント直前の7月中旬、出演予定の歌手のファンが「危険な場所に行かせないで」と所属事務所に圧力をかけ る運動が始まった。一時は公演の中止を検討せざるを得ない状況だったが、所属事務所は23日、「健康に何の問題もない」との韓国原子力研究院の見解ととも に、「歌手の安全を十分に考慮している」とのメッセージを公表し、鎮静化を図った。

韓国の若者の福島招待は、福島県内で交流ボランティアを経験した韓国中部全州の主婦たちが「私は毎年福島へ行っている。みな普通に暮らしている」 と口コミで勧誘する作戦を展開。最終的には募集枠の約2倍もの応募があり、事務局には直前まで「なんとか連れて行って」と懇願する電話が殺到した。韓国の 若者は福島で同世代との交流行事などに参加する。

続きは原発事故:福島の韓国人女性「風評被害解消プロジェクト」

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. norma field says

    やれやれ。

    原発災害は果てしなく矛盾や皮肉を紡ぎ出すものですね。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.