Skip to content


チェルノブイリ原発近くの森林火災が鎮火、放火の可能性も via AFP News

【5月3日 AFP】ウクライナ政府は2日、チェルノブイリ(Chernobyl)原発付近で4日間にわたって続いていた森林火災が同日午前9時(日本時間同日午後3時)に消防の消火活動により鎮火したと発表した。

森林火災は4月28日午後に発生し、火の手はチェルノブイリ原発から約20キロメートルの距離にまで迫った。チェルノブイリ原発の放射線レベルはわずかに上昇したが、当局は同原発に危険はなかったとしている。

(略)

ウクライナのアルセン・アバコフ(Arsen Avakov)内相は放火の可能性も排除していないと述べている。この火災はチェルノブイリ原発事故の発生から29年目を迎えた日のわずか2日後に発生していた。

全文はチェルノブイリ原発近くの森林火災が鎮火、放火の可能性も

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.