Daily Archives: 2015/05/24

高浜原発近く 14~16世紀津波 古文書記録と一致 via 東京新聞

福井県の高浜原発近くの地層から、十四~十六世紀ごろの津波の痕跡とみられる堆積物が見つかった。古文書に記 載がある天正地震(一五八六年)の時期と重なる。福井大などの研究チームが、千葉市で二十四日から開かれる日本地球惑星科学連合大会で発表する。原発再稼 働の是非をめぐる論議に一石を投じそうだ。  若狭湾沿岸では、これまで、関西電力などが行った調査で敦賀半島の「猪ケ池(いのがいけ)」の地層から痕跡が見つかっている。年代は約五千三百~五千六百年前とされ、今回とは大きく異なる。  チームは、海岸から三百~六百メートル離れた高浜町の水田に試掘溝を掘るなどして、厚さ数センチから十数センチの砂層を見つけた。砂粒が海岸で見 られるように丸っこい上、貝殻片やウニのトゲなど海の生物の遺骸が含まれており、津波による堆積物の可能性が高いと結論づけた。放射性炭素を使って年代を 推定した。 (略)  調査地点から約七キロ北西には関西電力高浜原発がある。関電は、再稼働に向けて最大六・七メートルの津波を想定し、高さ八メートルの防潮堤を設けており、「研究の詳細を承知していないので、何も言うことはできない」としている。  天正地震は、近畿・中部地方に大きな被害を与え、ポルトガル人宣教師ルイス・フロイスが著した「日本史」などに、若狭湾沿岸に大津波が押し寄せたとの記述が見つかっている。震源がどこかは定説がない。 全文は高浜原発近く 14~16世紀津波 古文書記録と一致

Posted in *日本語 | Tagged , , | Leave a comment

Energy industry eyes 100-year life cycle for nuclear plants via The Charlotte Business Journal

Can a nuclear plant run for a century? For now, federal regulators allow up to 60 years of licensed energy production. But Gary Mignogna, CEO of Charlotte-based Areva Inc. (EPA:AREVA), says it’s time to consider a 100-year life cycle. […] … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | Leave a comment

Nuclear weapons tests: Ministry of Defence admits it irradiated civilians in the Cold War via Mirror

Thousands of non-military staff suffered effects of the blasts and later had their health studied by government, with increased risk of cancer and heart disease A newly uncovered government study details the death and cancer rates of 174,541 people who … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | 1 Comment

4月採取の福島市産のコシアブラから、1万4849ベクレルのセシウム検出。山菜、キノコ類の放射能汚染、一向に衰えず via Finance GreenWatch

(抜粋) 今回の検査は、市民が持ち込んだ自家用食品を対象としたもので、2060件の調査対象のうち、セシウムを検出した割合は約4割の38.7%、100 ベクレル(kg当たり)の基準超過率は15.25%で、引き続き一定の比率での汚染食品が日常化していることが改めて判明した。 セシウム検出率、基準超過率を過去2年と比べても、ほとんど変わっていない。基準超過率では2013年4月が14.6%、2014年4月15.8%、今年が15.2%とほぼ同水準で推移している。 個別食品では、山菜のコシアブラが測定件数119件のうち、ほぼすべての117件でセシウムを検出、基準超かも109件と、9割以上(91.6%) の汚染率となっている。しいたけ(原木)も、最高値2187ベクレルで、基準超過率は88.5%、わらび1070ベクレル、基準超過率5.0%,タラノメ 798ベクレル、同25.1%などとなっており、山菜、キノコ類の汚染の継続が目立つ。 全文は4月採取の福島市産のコシアブラから、1万4849ベクレルのセシウム検出。山菜、キノコ類の放射能汚染、一向に衰えず 関連記事: ご家庭の食品中に含まれる放射性物質の測定結果をお知らせします(5月21日更新)via ふくしまウェブ 当サイト既出関連記事: 食品の放射線汚染はもう問題ない! 山菜を堪能するバスツアーで味わった福島の現状 via 現代ビジネス

Posted in *日本語 | Tagged , , , | Leave a comment

原発事故後も避難地で動物保護 記録映画の上映イベント via 福井新聞

(抜粋) 松村さんは映画上映後のトークショーで「政府の全頭殺処分命令で私の人生は変わった。政府はペットや家畜のことを考えていたのか」と質問。菅氏は「原発事故や、数十キロの範囲で住民が長期間避難するという事態そのものを想定していなかった」と釈明した。 記録映画は中村真夕監督の「ナオトひとりっきり Alone in Fukushima」。 全文は原発事故後も避難地で動物保護 記録映画の上映イベント 関連記事: 菅元首相、原発事故最悪のシナリオを免れた背景に「神のご加護あった」via シネマトゥデイ 菅元首相は「今回の福島原発事故で、本当に日本の半分が、あるいは全部が壊滅してもおかしくない寸前だった。日本のためにも世界のためにも原発はなくすべきだ」と改めて原発の反対を訴えた。  登壇すると、東京電力が先日「2号機のベント(圧力が上がった格納器が破裂するのを防ぐための措置)は失敗に終わっていた可能性が高い」と発表し たことに触れた菅元首相。「ベントに失敗したということは、格納器が壊れるということです。実際に壊れたんです。ただ、大破しなくて穴が開いた」と述べ、 「格納器の中は73シーベルトなんてことがわたしの国会質疑の際も言われました。近づけば人間が5分間くらいで確実に命を落とす状態です。大破していたら 誰も近づけない。福島第一、第二合わせて10の原発と11の使用済み燃料プールがまさにコントロール不能になりますから、東京を含む少なくとも250キロ 圏から人々が逃げ出さないといけなかった。東日本は壊滅でした」と告白。  結果的に最悪のシナリオと言われた「250キロ圏内の避難」が回避されたのは、東電や自衛隊、関係者らの尽力があったと前置きしつつ、施設内で起 こったたくさんの奇跡的な偶然や幸運にも助けられたといい、「神のご加護がやっぱりあったんです」としみじみ。3.11を経験するまではチェルノブイリの ような事故は絶対に日本では起きないだろうと思っていたといい、「今回の原発事故で考え方を180度変えたんです。原発はなくすべきだ」と改めて原発反対 の立場を訴えていた。 当サイト既出関連記事: 東京)元首相と被災者、二人の「ナオト」が原発対談 via 朝日新聞

Posted in *日本語 | Tagged , , , , , , , | Leave a comment