Skip to content


雨の中でも「原発ノー」の人々~4.17金曜行動レポート via レイバーネット

4月17日の金曜日、昼は官邸前で翁長知事激励・辺野古基地反対の抗議行動、夜は原発反対の金曜行動が行われた。このところ同じ日でも、官邸前で抗議行動が二つも三つも行われるようになった。安倍政権はあまりにも民意を無視して突っ走っているからだ。

夜は雨にもかかわらず、人々は立ち去ることなく声を上げつづけていた。そのなかで4月14日に関西電力の「高浜原発の再稼働を認めない」という福井地裁 の仮処分判決を受けてのスピーチやプラカードが多かった。福井からは、住民の原告団や代理人が駆けつけてスピーチをした。判決は、人々の命にかかわる「人 格権が侵害されている」とする画期的なものだ、と訴えていた。この判決は新聞では短い要約しかのっていないが、実は65ページに及ぶ長文で、原発が人間生 活とはいかに相反するかが論証されていた。

(略)

財務省前の交差点では、老人ホームからやってきた熊野亘代さん(写真)が反原発の旗をふっていた。彼女は毎週休まずにきていて、雪で中止になった日も一人 で旗をふりつづけていたという。体には寒さをしのぐために、宇宙飛行士が使う断熱材をまいていた。もう4枚目になったという。

全文は  雨の中でも「原発ノー」の人々~4.17金曜行動レポート

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.