原発、複数炉の電源喪失想定せず 政府事故調が8人分追加公開 via 京都新聞

 政府は30日までに、東京電力福島第1原発事故をめぐり、政府の事故調査・検証委員会が関係者を聴取した「聴取結果書(調書)」のうち 8人分を追加公開した。第1原発の防災管理を担当した東電社員は、事故前の訓練では複数の原子炉が電源喪失する事態を想定していなかったと証言し、過酷事 故対策の不十分さがあらためて浮かび上がった。

(略)

他に公開されたのは住民避難に当たった福島県職員ら。事故当時の東電経営陣の調書は今回も公開されなかった。

調書は内閣官房のホームページで29日に公開。(共同通信)

全文は原発、複数炉の電源喪失想定せず 政府事故調が8人分追加公開 

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.