ドイツの社会学者、ウルリッヒ・ベック氏死去 via Yomiuri online

 DPA通信によると、ドイツの社会学者ウルリッヒ・ベック氏が1日、心臓発作のため死去。70歳だった。

 出版関係者が3日、明らかにした。

 ドイツを代表する社会学者で、現代の社会が抱えるリスクを分析 した著書「危険社会」(1986年)が代表作。環境汚染や原発事故、国際テロなどは、近代化成功に伴うリスクとの見方を示し、チェルノブイリ原発事故に見 舞われた世界に大きな影響を与えた。東日本大震災についても提言した。

続きはドイツの社会学者、ウルリッヒ・ベック氏死去

This entry was posted in *English and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.