Skip to content


放射能・化学汚染の対策とは via ロシアNOW

ロシアの研究者が使用済み核燃料の固体再処理の新技術を開発している。正式なデータによると、ロシアには使用済み核燃料がすでに2万トンある。

トムスク工科大学の研究者は10月末、使用済み核燃料の固体再処理の新技術を開発していることを伝えた。放射性核種を環境に流出させないことから、 核燃料を固体で保管する方がより安全だと考えている。ロシアでは現在、使用済み核燃料を酸で溶解し、液体に変えている。その後、低活性廃棄物および中活性 廃棄物は主に、地中隔離されるか、または特別な原子力施設の貯水池に流されるかする。有名な場所としては「トムスク7」、「クラスノヤルスク26」、「ド ミトロフグラド」、西シベリアの「マヤク」などがある。

「ロスアトム」(ロシア国営原子力企業)の正式なデータによると、使用済み核燃料は約2万トンほど蓄積している。ロシアには約4億立法メートルの放射性廃棄物も蓄積しており、うち90%は液体である。

(略)

有毒な産業廃棄物

使用済み核燃料以外にも、ロシアには有毒な産業廃棄物の問題があると、専門家は考える。この分野の再処理技術にも向上は必要だ。国際連合工業開発 機関(UNIDO)のプロジェクトの主任で、廃棄物管理分野の専門家であるウラジーミル・マリエフ氏はこう話す。「放射性廃棄物についてはすべてが明白。 危険度はもっとも高く、国が状況を管理している。主な難しい問題はむしろ産業廃棄物の方で起きている。再処理には主に熱的方法が使われており、必要な安全 対策が守られていないことも多い」

ロシア連邦消費者権利擁護・福祉分野監督庁(消費者監督庁)によると、有毒な産業廃棄物は約20億トン蓄積している。うち約1万トンは油性スラッ ジ。「ロシアのゴミ捨て場の総面積を計算すると、ルクセンブルクに匹敵する。そして拡大を続けている」と、ロシア科学アカデミー・シベリア支局熱物理学研 究所革新・応用・対外経済活動部のリュドミラ・ペレペチコ部長は話す。

もっとも蓄積している地域は沿ヴォルガ連邦管区。平均して1平方キロメートルあたり400トン強ある。中央連邦管区は約211トン、南連邦管区は267トン。

全文は放射能・化学汚染の対策とは

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.