「原発の必要性」研修を計画 慎重さ欠くと環境省変更へ via 東京新聞

 環境省が認定する「環境カウンセラー」が受講を義務付けられている研修をめぐり、九州地方環境事務所(熊本市)が「原発の必要性」と題して九州電力広報担当者の講演を計画し、原発推進の立場との誤解を招くなどと批判を受けて変更することが4日分かった。

環境省の環境教育推進室は「慎重さが足りなかった。講師や演題の変更を検討したい」と説明している。

続きは「原発の必要性」研修を計画 慎重さ欠くと環境省変更へ

 

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.