Daily Archives: 2014/05/19

Outcome of battle against radioactive water at Fukushima plant in doubt via The Mainichi

We are facing a problem so large it’s impossible to see all its dimensions. Eventually, we’ll be able to grasp what’s happening, but for now, no. The radioactively contaminated water at the Fukushima No. 1 nuclear plant is but one, … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | Leave a comment

「吉田調書」via 朝日新聞

福島原発事故:吉田昌郎所長が語ったもの 朝日新聞は、東日本大震災発生時の東京電力福島第一原子力発電所所長、吉田昌郎氏が政府事故調の調べに対して 答えた「聴取結果書」を入手した。レベル7の大災害を起こした福島第一原発の最高責任者であり、事故収束作業の指揮官であった吉田氏の唯一無二の公式な調 書である。吉田氏は事故について報道機関にほとんど語らないまま2013年7月に死去した。調書も非公開とされ、政府内にひっそり埋もれていた。 28時間、400ページ 吉田調書は全7編で構成されている。総文字数はおよそ50万字。A4判で四百数十ページに上る分量になる。吉田氏への聴き取りは13回 中11回が福島第一原発から南へ20km離れたサッカー施設 J-VILLAGE JFAアカデミーのミーティングルームで、残る2回が吉田氏の仕事場である福島第一原発免震重要棟でおこなわれた。 政府事故調は772人から計1479時間にわたって聴き取りをおこなった。吉田調書はその一環で作成された。対象1人当たりの平均聴 取時間は2時間弱。吉田氏への聴取時間は28時間あまりで、あの瞬間、どう行動し、何を考えていたかまで聴き取った。畑村洋太郎・政府事故調委員長は、ほ かに吉田氏の公式の調書がないことから「貴重な歴史的資料」と呼んだ。 全文及び資料は要登録:「吉田調書」 関連記事:福島原発事故「吉田調書」を入手 吉田所長の指揮克明に via 朝日新聞 朝日新聞は、震災時の東京電力福島第一原子力発電所所長、吉田昌郎氏が原発事故について政府事故調査・検証委員会の調べに対して語った「吉田調書」を入手した。2013年7月に死去した吉田氏と、聴取を主導した検事ら事故調委員とのやりとりが四百数十ページにわたり記されている。文字数にするとおよそ50万字だ。 (略) 特集ページのURLは次の通り。http://www.asahi.com/special/yoshida_report/  

Posted in *日本語 | Tagged , , , , , | Leave a comment

Britain: Activists Disrupt Construction of New Nuclear Weapons Factory via Global Research

[…] Daring dawn blockade of Berkshire’s nuclear weapons factory This morning at 7.20, a group of people began blockading the Atomic Weapons Establishment (AWE) site at Burghfield, near Reading. The protesters, acting as part of ActionAWE [1], a campaign of … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , , | 5 Comments

マクドナルドが東電を提訴 「原発事故で3店舗閉鎖」via 朝日新聞

 福島第一原発事故でフランチャイズ契約していた店舗が閉店を余儀なくされたとして、日本マクドナルド(東京都)などが、東京電力に約7千万円の損害賠償を求めて、福島地裁に提訴していたことがわかった。 提訴は4月22日付。訴状によると、原発事故で福島県の浪江町、富岡町、南相馬市原町区にある計3店が閉店し、同社はロイヤルティー(権利使用料)などが得られなくなった。 続きはマクドナルドが東電を提訴 「原発事故で3店舗閉鎖」

Posted in *日本語 | Tagged , , , | Leave a comment

Japan Debates Radiation as Manga Shows Nosebleed via abc news

A journalist finds his nose doesn’t stop bleeding after visiting the meltdown-stricken Fukushima nuclear plant. He also learns others suffer similar symptoms. The scene from popular manga comic “Oishinbo,” published last month, has set off a hot public debate in … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , | Leave a comment

Gunmen attempt to enter Ukraine’s largest nuclear power plant via RT

Ukrainian police stopped a group of armed men from entering Europe’s largest nuclear power plant, located in southeastern Ukraine. In video footage allegedly showing the attempted break-in, the men say they are members of the Right Sector group. The gunmen … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , | Leave a comment

ウクライナ警察が、同国の原発に進入しようとした武装勢力を逮捕 via Iran Japanese Radio

(抜粋) ロシア・トゥデイがウクライナ警察の話として伝えたところによりますと、数台の自動車に乗って、ザポリージャ原発に入ろうとしていた武装勢力は、この原発の付近にある検問所で警察に止められ、兵器を没収された後、司法機関に送られたということです。 これらの勢力は、ウクライナ暫定政府の支持派と自称しており、この原発がウクライナ東部の反体制派に占拠されないよう、それを警備するともりだったと主張しました。 ザポリージャ原発の年間発電量は、420億キロワットアワーで、ウクライナ最大の原発、また、世界では5番目の原発です。 全文はウクライナ警察が、同国の原発に進入しようとした武装勢力を逮捕

Posted in *日本語 | Tagged , , | 4 Comments

臨界寸前だったハイゼンベルク原子炉 via Science Portal

(抜粋) この原子炉は、ナチスの降伏直前に米国が送り込んだアルソス特殊部隊によって45年4月に、近くの畑に埋められていたのを接収され、徹底的に調べら れた。現在は、再現された炉心が現地の博物館で公開されている。その構造を基に計算したところ、「原子炉がほんの少しだけ大きければ、臨界に達していた」 とする計算結果を、高エネルギー加速器研究機構(KEK)の岩瀬広・助教がまとめた。科学史に造詣が深い政池明(まさいけ あきら)京都大学名誉教授(素粒子実験物理)と連名で、日本物理学会誌4月号に「ハイゼンベルク原子炉の謎」と題して報告している。 それによると、ハイゼンベルク原子炉は直径、高さともに124センチの円筒形で、周りは厚さ40センチの黒鉛遮蔽体で覆われていた。天然ウランが燃 料体として使われ、1辺5センチの立方体が計664個、78本のアルミニウムの鎖で炉心の天井からぶらさげられて、中性子減速材の重水に浸される構造だっ た。岩瀬広さんがモンテカルロ法でこの原子炉の核分裂反応を計算した。天然ウランの量は、臨界に達するのに十分で、燃料切片のサイズや間隔もほぼ適切だっ たが、炉心が小さかったために、わずかに臨界に達しなかったことを確かめた。 岩瀬さんの計算では、この原子炉はかなり臨界に近い状態で、炉心の円筒の高さと直径をそれぞれ8センチ伸ばして132センチにしておれば、臨界した ことになる。ハイゼンベルクらはかき集めたウランと重水を、連合国の猛爆撃をくぐり抜けてハイガーロッホまで運び込んだ。しかし、減速材の重水の量がわず かに不足して、余裕のない小さな炉心しか作れず、「最後まで臨界に至らなかった」と政池明さんらは指摘している。 全文は臨界寸前だったハイゼンベルク原子炉

Posted in *日本語 | Tagged , , , | Leave a comment