Daily Archives: 2012/01/05

Mothers first to shed food-safety complacency via The Japan Times Online

The disaster at the Fukushima No. 1 nuclear plant and the threat of radioactive fallout changed the lives of many people, including Mizuho Nakayama and other mothers of young children whose primary goal suddenly became that of keeping their kids … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | Leave a comment

NSC pair took nuke industry donations via The Japan Times Online

The head of the Nuclear Safety Commission and another member of the government panel accepted ¥7.1 million in donations from the atomic power industry before assuming their duties at the watchdog, the two said Monday. Haruki Madarame, a former University … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , | Leave a comment

米、3回目の新型核性能実験 国内研究所で実施 via 47News

【ワシントン共同】米エネルギー省傘下の核安全保障局(NNSA)が 核兵器の性能を調べるため、ニューメキシコ州のサンディア国立研究所で昨年夏、プルトニウムを使った新たなタイプの実験を実施していたことが5日分かっ た。2010年11月と昨年3月に続き、今回が3回目。 続きは米、3回目の新型核性能実験 国内研究所で実施

Posted in *日本語 | Tagged , , | Leave a comment

Children’s Book about Nuclear Power named among the Best in Family-friendly Media via LISWire

By nutpubco (not verified) – Posted on 04 January 2012 Apex, NC, January 5, 2012–Mom’s Choice Awards has named Nuclear Power: How a Nuclear Power Plant Really Works! among the best in family-friendly media, products and services in the children’s … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , | Leave a comment

元原発検査員「3号機の爆発は核爆発だ」via 日刊SPA!

福島第一原発の事故を受けて、原発の安全性への不安が広がっている。これまで「原発批判」と言えば、もともと反原発の考えを持った人々が中心だった。とこ ろが福島原発の事故以後、これまで原発推進に尽力してきた人々が原発批判を始めている。元原発検査員、元電力会社社員などが、隠されてきた事実を内部にい た彼らが暴き出す! ◆元原発検査員が証言!福島原発3号機の爆発はピカドン(核爆発)だった!! 「福島第一原発3号機で3月14日に起きた爆発はピカドン(核爆発)だ!!」 そう語るのは、’10年の春まで日本原子力安全基盤機構(JNES)で原発検査員を務めていた藤原節男氏。原発の施設と運用について隅々まで知る専門家の一人だ。 「3号機の爆発では、一度ピカっと炎が出た後、ドーンと黒煙がまっすぐ建屋上方へと立ち上っています。水素爆発であんな黒い煙は出ません。キノコ雲の形状といい、核爆発の現象に酷似している」 続きは元原発検査員「3号機の爆発は核爆発だ」

Posted in *日本語 | Tagged , , | Leave a comment

放射能理由、外国籍夫が子と帰国 条約未加盟で妻窮地 via asahi.com

原発事故を理由に、日本人と結婚した外国人が子どもを連れて母国に帰るケースが出始めている。子を連れ戻すのに有効なハーグ条約に日本は加入しておらず、子を奪われた母親は途方に暮れる。  東海地方で暮らす公務員の女性は米国人と結婚し、7歳と5歳の息子がいる。夫は昨年3月、2人の子を連れ、1カ月の予定で「里帰り」を兼ねて米国へ旅行に出かけた。その直後、東日本大震災が起きた。夫は原発事故の影響を恐れ、米国を離れようとしない。女性が帰国を促すと「子どもを放射能の危険にさらすのか」と拒んだ。 続きは 放射能理由、外国籍夫が子と帰国 条約未加盟で妻窮地

Posted in *日本語 | Tagged , , , | Leave a comment

スパコン京で地震・津波予測…「想定外なくす」 via 読売新聞

世界最速のスーパーコンピューター「京」を活用し、巨大地震・津波の複合災害を総合的に予測するシステム開発に、東京大学地震研究所が今年4月から乗り出す。  震源域ごとに約1000通りの巨大地震・津波の発生パターンを分析し、精緻な被害想定や住民の避難につなげる。  同研究所は「想定外を無くす」ことを目指し、「巨大地震津波災害予測研究センター」を今年4月に発足させる。ここで地震・津波の発生や建物被害、避難状況など、従来はデータ量が多すぎるために別々に行っていた分析を統合し、より現実に近い予測システムを構築する。具体的には、個々の建物の形状や構造のデータなども「京」に入力し、地域全体の建物被害を計算。揺れで建物が倒れ、道路が不通になった場合なども想定して、津波襲来時の住民の避難予測にも反映させる。 (2012年1月5日03時00分 読売新聞) 続きは:スパコン京で地震・津波予測…「想定外なくす」

Posted in *日本語 | 1 Comment

【汚染】福島県の1月2日・3日の2日間で降ったセシウムは合計で558Mbq/km2、11月の月間降下量より多い(東京の4月の月間降下量と同じくらい)via Save Child

福島県の定時降下物環境放射能測定結果が12月に入ったくらいから少し上昇したように感じていたのですが、1月2日に急上昇しました。2日と3日のセシウム134と137を合わせると1平方キロメートルあたり558.1メガベクレルという結果でした。(1平方メートルあたり558.1ベクレルのセシウムが降ったということです。) 同じ福島県の結果で比較すると、2011年の11月の30日間に降った月間降下量はセシウム134と137の合計で1平方キロメートルあたり347.7メガベクレルだったので、1月2日・3日の2日間で降ったセシウムの量は11月の30日間で降ったセシウムの量よりも多いということになります。 続きは 【汚染】福島県の1月2日・3日の2日間で降ったセシウムは合計で558Mbq/km2、11月の月間降下量より多い(東京の4月の月間降下量と同じくらい)

Posted in *日本語 | Tagged , , | 2 Comments

(5)「こっちの方が住みやすいみたい」福島移住の長谷川さん一家 via msn.産経ニュース

白い山肌を背に、おかっぱ頭の赤ん坊は父親の腕の中で元気な笑い声を上げた。東電福島第1原発から西へ120キロの福島県昭和村。東日本大震災後 に千葉県市川市から移住してきた長谷川洋(ひろし)さん(39)の長女、美(み)桜(お)ちゃん(1)にとって、大雪に覆われた奥会津のこの山村が「故 郷」となる。 「この子が生まれなかったら、ここに来なかったかもしれない」 震災前まで東京都内で家具職人をしていた。「農業をしたい」と母の故郷、昭和村を選んだ。自身も会津若松市の出身だが、移住を強く望んだのは、むしろ東京で生まれ育った妻の規(き)予(よ)美(み)さん(41)だった。 規予美さんは結婚8年目にして授かった美桜ちゃんを「大自然の中で伸び伸び育てたい」と望み、平成22年9月、出産を前に移住を決めた。ところが、震災で状況は一変した。 続きは(5)「こっちの方が住みやすいみたい」福島移住の長谷川さん一家

Posted in *日本語 | Tagged , | Leave a comment

Yellow Cake クリーンなエネルギーという嘘

「イエロー・ケーキ(yellow cake)」とは? 天然のウランを精錬してできる粉末のこと。これがなければ原子力発電所は稼働しない。原料の鉱石からイエロー・ケーキを取り出す際に処理不可能な放射性廃棄物を生み出してしまうにも関わらず、世界中の原発がこの粉を求める― 「イエロー・ケーキ~クリーンなエネルギーという嘘」 の1月25日(水)のシンポジウムのテーマは下記に決定 しました。ぜひご参加ください! <ドイツと日本 なぜ日本では原発を全廃できないのか?> ヨアヒム・チルナー監督が10月に来日した際に 福島瑞穂社民党党首と対談した様子がYouTubeにアップされています。 →詳細はこちら(対談36をクリックしてください。) ヨハヒム・チルナー監督来日記念 特別先行有料試写会+シンポジウム開催! 1月25日(水) 東京ドイツ文化センターにて →詳細はこちら 映画についてはYellow Cake クリーンなエネルギーという嘘

Posted in *日本語 | Tagged , , , , | Leave a comment