Daily Archives: 2012/01/15

Independent Panel Challenges Japan’s Account of Disaster at Nuclear Plant via The New York Times

….. Mr. Kurokawa, a former leader of Tokyo University’s medical department and a professor at the National Graduate Institute for Policy Studies, has lined up a prominent team, including the Nobel laureate Koichi Tanaka. The committee will have its first … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | Leave a comment

Greenpeace: No Power Shortage in Japan Despite Idling 90% of Nuclerar Capacity via PanOrient News

okyo- (PanOrient News) Despite the cold winter and with more than 90% of nuclear capacity being offline, there are no power shortages in Japan, according to Junichi Sato, Greenpeace Japan Executive Director, commenting on the Shikoku Electric Power’s Ikata No.2 … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , | Leave a comment

For Japan Locust Eaters, A Plague of Cesium? via Japan Realtime

… But Hajime Fugo, the vice president of Tokyo University of Agriculture of Technology and a physiologist specializing in insects, worried the locust-eating tradition may fall into extinction should connoisseurs shun the bug amid deepening anxiety among consumers over food … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | Leave a comment

あの田母神氏、渡部氏も激賞 「真の近現代史観」放射線論文が最優秀賞 「福島県民は誰も甲状腺がんにならない」 via MSN産経ニュース

元航空幕僚長の田母神俊雄氏が第1回の最優秀賞に選ばれて騒然となった「真の近現代史観」懸賞論文。第4回の選考では札幌医科大の高田純教授(57)による論文「福島は広島にもチェルノブイリにもならなかった~東日本現地調査から見えた真実と福島復興の道筋」が最優秀賞(賞金300万円)となった。理系論文での異例の受賞で、現地調査を積み重ねた上での大胆な結論は世間に衝撃を与えそうだ。田母神氏も激賞する論文の中身とは…。(溝上健良)  昨年12月8日、日米開戦70年の日に開かれた表彰式では、主催したアパグループの元谷外志雄代表が「今回の論文はすばらしいが、近現代史という観点から(受賞は)どうか、という話もあった。ただ戦後の歴史は核をめぐるせめぎ合いの歴史であり、核を抜きにして歴史を論じることはできないのではないか、ということで審査員が全員一致で最優秀賞に選出した」と選考経緯を明かした。選考にあたっては氏名、経歴などは伏した上で論文の中身だけで判断したという。核をめぐる現代史の裏面を描いた論文も見事だが、審査委員の見識が光った選考結果だったともいえる。受賞論文はアパグループのホームページで全文を読むことができる。 続きは あの田母神氏、渡部氏も激賞 「真の近現代史観」放射線論文が最優秀賞 「福島県民は誰も甲状腺がんにならない」

Posted in *日本語 | Tagged , , , | 2 Comments

原子力推進派のとんでもない発言集

「一発だけ持ってたっていい。日本人が何するかわからんという不安感があれば世界は日本の言い分を聞くと思いますよ。」(石原慎太郎) 他のとんでもない発言例、コメント、まんが、原発作業員の内部告発などは原子力推進派のとんでもない発言集

Posted in *日本語 | Tagged | Leave a comment

[動画]脱原発世界会議の報道

http://www.youtube.com/watch?v=gTwT5_HwKSo&feature=related http://www.youtube.com/watch?v=nf9dJPDQDX0

Posted in *日本語 | Tagged , , | Leave a comment

US military chief to visit Israel as tensions over Iran nuclear program, Israeli plans grow via The Washington Post

JERUSALEM — The top U.S. military commander is scheduled for talks in Israel this week, Israel said Sunday, at a time when the U.S. is concerned that Israel might be preparing to attack Iran over its nuclear program. The Israeli … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | 2 Comments

The debate in Canada: What is a ‘safe’ level of radiation? via The Gazette

The fallout from Fukushima has sparked debate about how Canada monitors radiation and how it decides what is a “safe” level of radiation. Canadian authorities have insisted that Canadians are safe and that dangerous levels of radiation haven’t entered our … Continue reading

Posted in *日本語 | Tagged , , , | Leave a comment

After Fukushima, fish tales via The Gazette

After the world’s WORST nuclear accident in 25 years, authorities in Canada said people living here were safe and faced no health risks from the fallout from Fukushima. They said most of the radiation from the crippled Japanese nuclear power … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , | Leave a comment

高線量:新築マンションで検出 コンクリ発生源 二本松 via mainichi.jp

内閣府原子力災害対策本部と福島県二本松市は15日、同市内の鉄筋コンクリート3階建て新築マンションの1階屋内部分から、屋外より高い最大毎時1.24マイクロシーベルトの放射線量が検出され、1階住民に転居を勧めていると発表した。同本部などは、原発事故当時、同県浪江町の採石場に保管されていた石を使ったコンクリートが発生源とみている。建築資材の砕石は放射線量による出荷制限はなく、他にも汚染された建材が流通した可能性があるとみて調査を始めた。 続きは 高線量:新築マンションで検出 コンクリ発生源 二本松

Posted in *日本語 | Tagged , , , | Leave a comment