Skip to content


橋下知事の太陽光パネル義務化案、88%が反対 via Yomiuri online

大阪府の橋下徹知事が検討する新築住宅への太陽光パネル設置の義務化(自己負担額200万円)について、府民を対象に府がアンケートを実施したところ、導入反対が87・5%を占めたことがわかった。

「原発をゼロにすべきだ」と回答した人でも3割が義務化に反対しており、橋下知事は見直しを迫られそうだ。

構想では、原発に代わる自然エネルギー普及のため、新築住宅の屋根に太陽光パネルを取り付けることを条例で義務化。設置費用は自己負担とするが、再生可能エネルギー特別措置法案が成立し、太陽光発電などの買い取りが実現すれば、実質負担は大きくならないと見込んでいる。

続きは橋下知事の太陽光パネル義務化案、88%が反対

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


2 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    “TippingPoint”がいるのですよね、きっと。それさえあれば、雪崩を打つように変わるのでは、と期待していますが、何がその引き金になるか分かりません。

  2. norma field says

    これだけは橋下知事を支持したいので残念。自己負担の額が主な理由なのでしょうか。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.