Skip to content


柏崎刈羽原発7号機 停止へ via NHK News web

8月22日 5時18分

東京電力は、新潟県にある柏崎刈羽原子力発電所7号機で、定期検査のため、22日午後から運転を止める作業に入り、23日、原子炉を停止する予定です。柏崎刈羽原発7号機が止まると、全国の原発のうち、およそ4分の3が停止することになります。

東京電力は、柏崎刈羽原発7号機で、22日午後2時半ごろから原子炉を流れる水の量を減らすなどし て出力を下げる作業を始めたうえで、23日午前2時ごろに原子炉の運転を止めて、およそ3か月間の定期検査に入る予定です。柏崎刈羽原発では、1号機が今 月6日に運転を止めていて、7号機が止まると、東京電力の原発17基のうち運転しているのは柏崎刈羽原発の2基だけになります。また全国では、54基ある 原発のうち、およそ4分の3に当たる40基が停止することになります。新潟県では、泉田知事が、停止中の原発の運転再開について、福島第一原発の事故の検 証結果が示されるまでは、判断する段階にはないという考えを明らかにしていて、再開の見通しは立っていません。

続きは柏崎刈羽原発7号機 停止へ

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.