官房長官「長期にわたり居住困難も」 原発警戒区域の一部で via 日本経済新聞Web刊

 枝野幸男官房長官は22日午前の記者会見で、東京電力福島第1原子力発電所から半径20キロメートル圏内の警戒区域に関して「除染措置を精力的に講じても長期にわたって住民が戻るのが困難な地域が生じる可能性は否定できない」と述べた。政府は原発に近く、高濃度の放射性物質に汚染されている一部地域については警戒区域を当面解除しない方針で、長期間にわたって居住が困難になる可能性に言及した発言だ。

 枝野長官は「住民に様々な対応が必要だ」と語り、該当する土地の買い上げや借り上げなどが課題になるとの見方も示した。菅直人首相は22日午前、27日に福島県を訪れ、地元自治体の首長にこうした状況を説明する意向を記者団に示した。

This entry was posted in *日本語 and tagged , , . Bookmark the permalink.

3 Responses to 官房長官「長期にわたり居住困難も」 原発警戒区域の一部で via 日本経済新聞Web刊

  1. Pingback: The Atomic Age » N-plant area uninhabitable ‘for many yrs’ / Govt to keep entry ban for 3-km zone via Daily Yomiuri Online

Leave a Reply

Your email address will not be published.